日本ベントス学会 Japanese Association of Benthology
投稿規定

正会員と個人の賛助会員が,論文を投稿することができます。
共著者には会員外の方を含むことができます。
投稿原稿は下記の「投稿規定」と「注意事項」を十分参照の上作成し,コピー2部を添えて,
編集委員会宛にお送りください。

      送付先:〒041-8611 函館市港町3-1-1 北海道大学大学院水産科学研究院
          和田 哲 気付 日本ベントス学会誌編集委員会
          E-mail:wadas@fish.hokudai.ac.jp

日本ベントス学会誌投稿規定
1.投稿資格:投稿論文の著者は,正会員および個人の賛助会員に限る.ただし,共同執筆者には,会員外を含むことができる.なお,運営委員会が特に認めた場合には,会員外から特別寄稿を受けることができる.投稿される原著の報文は未発表のものに限る.

2.報文の性格:科学的知見がそれを立証すべき資料および考察を伴って提示されたものを原著とし,特定主題に関する包括的に知識の集成および見解を述べたものを総説とする.総説については,会員からの自由投稿のほか編集委員会の企画で,適任者への執筆を依頼することが有意義であるもの,測器や処理技術に関するものなどを含む.雑録は紀行報告,感想,資料,質疑応答などを含む.研究情報は,国内外の関連学会および機関の行事などの予告・記録・国内外の研究機関の研究者の紹介,分野別文献目録などを含むものとする.掲載の可否は編集委員会が決定する.

3.校閲:原著・総説に関しては,校閲制度を設ける.編集委員会は,校閲の適任者2名を選び,原稿の査読を依頼する.論文の内容・体裁に関して問題があると編集委員会が判断した場合には,投稿者にその旨通知し修正を求める.修正を求めた原稿が3ヶ月以上たって編集委員会に返ってきた場合は,新規投稿として取り扱うことがある.

4.投稿:原稿はオリジナルとそのコピーを2部添えて,随時日本ベントス学会誌の編集委員会に送付すること.

5.掲載料:学会負担印刷ページの限度を1報文につき8ページとし,これを超える分については1ページにつき9,000円を著者が負担するものとする.またカラー図版や折り込みの図表など特殊ページの印刷費については、その実費を著者負担とする.ただし,編集委員会がとくに依頼した原稿についてはこの限りではない.
    
6.別刷:別に定めた別刷定価表による費用を著者が負担する.
    
7.校正:著者による論文の校正は,原則として1回のみとし,著者が受け取ってから3日以内に編集委員会に返却すること.校正は,印刷のミスについて行い,本文や図表を変更することは認めない.校正段階でやむを得ず原稿を修正する場合は,組み直しに要した費用一切を著者が負担するものとする.
    
8.版権:日本ベントス学会誌に掲載された図表などの版権は,日本ベントス学会に帰属する.

日本ベントス学会誌原稿作成上の注意

1.原稿は,文章の部分,図,表も含めてすべて3部を作成する.文章の部分は原則としてワードプロセッサで作成する.印字の場合はA4判用紙を使用し,ダブルスペースで印字する.表もダブルスペースで印字する.目安としては1ページあたり25行程度,1行あたり30〜40文字程度,文字の大きさは10〜12ポイント程度とし,明朝体かそれに類似する書体を使用する.日本語文字は全角文字,英語文字および数字は半角文字とする.なお原稿用紙を使用する場合は,20×20字詰め横書き原稿用紙(A4判)を用いる.
    
2.論文原稿は,タイトル,著者名,英文要旨,本文,文献,表,図の説明,図の順に配列する.第1葉は,タイトル,著者名,所属・住所,英文タイトル,英著者名,英所属・住所,ランニングタイトル,脚注に示される著者名,所属,所在地(ただし別刷請求先に〓をつける)を示す.第2葉は英文要旨とキーワードのみとし,本文は第3葉から始める.第1葉から末尾の文献まで一連のページ番号を記す.
    
3.英文要旨は,250語程度とする.
    
4.キーワードは,英語で8語以内とし,アルファベット順に配列する.
    
5.ランニングタイトルは20字以内とする.
    
6.生物の名前は,それが初出の部分に学名も入れる.学名はイタリック体とし,イタリック指定は原稿中に下線で記すこと.
    
7.本文中での文献の引用は,山本 (1995),菊地・田中 (1990),Sanders & Hessler (1980),(金盛 1982; 市来ら 1991),(Smith 1985; Balber et al. 1990) のようにする.小キャピタルは使用しない.
   
8.文献表記の方法は,著者名をアルファベット順に配列し,下記の形式で記すこと.欧文単行本名は全名詞大文字始まりのイタリックで,雑誌名は省略なく全部を表記する.欧文雑誌名はイタリックとしイタリック下線を付すこと.○○編の表記は○○(ed(s).) または○○(編)とする
George, R.W. and A.R. Maine 1967 The evolutions of spiny lobsters (Palinuridae): a study of evolution in the marine environment. Evolution, 21:803-820.
堀越増興 1973 海洋ベントスの群集生態学.山本護太郎(編),海洋生態学,東京大学出版会,東京,pp.49-63.
市来忠彦・種村一茂・富永叶男・塩川司 1976 イセエビのプエルルス幼生および初期稚エビの採補とその生態.水産土木,12:31-36.
北森良之介 1963 瀬戸内海とその近接水域の沿岸における底生動物群集の漁場学的研究.南海区水研研報,21: 1-90.
Levinton, J.S. 1977 Ecology of shallow water deposit-feeding communities, Quisset Harbor, Massachusetts.
In, Ecology of Marine Benthos, Coull, B.C. (ed.), University of South Carolina Press, Columbia, South Carolina, pp.191-227.
MacArthur, R.H. and E.O. Wilson 1967 The Theory of Island Biogeography. Princeton University Press, Princeton, New Jersey, 203pp.
三宅貞祥 1982 原色日本大型甲殻類図鑑(1),保育社,東京,261pp.
Mukai, H. 1971 The phytal animals on the thalli of Sargassum surratiofolium in the Sargassum region,with special reference to their seasonal fluctuations. Marine Biology, 8:170-182.
Tamaki, A. 1985a Detection of non-interference within a mobile polychaete species. Journal of Experimental
Marine Biology and Ecology, 90:277-287.Tamaki, A. 1985b Zonation by size in the Armandia sp. (Polychaeta: Opheliidae) population on an intertidalsand flat. Marine Ecology Progress Series, 27:123-133.
    
9.図表とその説明は,英語表記とする.各図の説明は一括して原稿の末尾に置く.表の説明は,表の上に置く.表もダブルスペースで作成すること.図表の説明はそれだけで内容がわかるよう丁寧に記述すること.図表の挿入位置は,原稿の余白に明記すること.
   
10.図の原図の大きさは原則的に 21×30 cm 以下とし,文字の大きさや線の太さは縮示されて印刷されることを考慮すること.投稿の際に送付する3部は,鮮明な複写で作成すること.写真が含まれる場合,それも写真で3部作成すること.コピーは不可.ただし写真と画質的に遜色無いカラーコピーによる複写は,認められる.原図には図の番号,著者名を明記すること.
   
11.カラー図版や析り込みの図表については実費を徴収する.
   
12.英語部分(タイトル,要旨,図の説明と図中の用語,表)については,必ず投稿前に英語を母国語とする適当な人のチェックを受けること.編集委員会は原稿レビュー前に英文チェックを受けるよう要請することがある.それらに要する費用はすべて著者負担とする.
   
13.投稿原稿が受理された後,原稿の入力されているフロッピーディスク(3.5インチ)または添付ファイルを編集委員会からの指示に基づいて送付する(投稿時にはフロッピーは送らないこと).フロッピーディスクまたはファイルを添付したE-mailには使用したワープロの機種名,ソフト名を明記する.
   
14.原図は投稿原稿が受理された後,編集委員会からの指示に基づいて送付する.

   
本文へジャンプ