日本ベントス学会 Japanese Association of Benthology
シンポジウム

日本ベントス学会公開シンポジウム
有明海・諌早湾(いさはやわん):日本初の大規模な環境復元の意義
 

干潟生物の宝庫だった諫早湾が閉め切られてから16年。有明海奥部では赤潮や海底の貧酸素化の問題が拡大し、淡水化した調整池では有毒アオコが発生している。干拓事業による漁業被害を認めた判決が確定し、諫早湾の復元への道が開かれた。その意義を生物学の視点から論じる。環境復元による地域再生の具体例も紹介する。
3.9長崎シンポ.pdf へのリンク (準備中)

日時:2013年3月9日(土) 13:3016:30

会場:長崎原爆資料館平和会館ホール 長崎市平野町7-8 (電話:095-844-1231
参加費: 無料

プログラム
:

有明海の諌早湾とはどんなところか 佐藤正典(鹿児島大学)

有明海奥部で進行している環境悪化 堤裕昭(熊本県立大学)
淡水化した調整池における有毒アオコの増殖 高橋徹(熊本保健科学大学)
調整池でのユスリカ大発生と汽水域生態系の消失 桃下大・縄田とよか(諫早湾の海辺の生き物研究会)
開門確定判決の履行を巡る諸問題 堀良一(弁護士)
諫早湾の未来を考える:環境復元による地域再生の3つの例
国分秀樹(三重県水産研究所)、田中克(京都大学名誉教授)
コメント:田北徹(長崎大学名誉教授)ほか

主催:日本ベントス学会自然環境保全委員会

後援:日本生態学会自然保護専門委員会、日本魚類学会、日本鳥学会鳥類保護委員会

問い合わせ先 e-mail: sato@sci.kagoshima-u.ac.jp


過去のシンポジウム
2013年1月12日東京で開催された同シンポジウムのチラシ.pdf

有明海の生物多様性保全のための四学会合同シンポジウム「有明海の特異な生物相ー諌早湾の環境復元の意義ー」(2010年11月27日、長崎県諫早市)の報告と講演要旨の全文 .pdf

   
本文へジャンプ