日本ベントス学会 Japanese Association of Benthology
書籍

-日本ベントス学会20周年記念出版-


「干潟の絶滅危惧動物図鑑-海岸ベントスのレッドデータブック」

日本ベントス学会編

 

日本の干潟に棲む全ての希少・絶滅危惧(無脊椎)動物の最新情報を、最新の分類体系で紹介。

・干潟の希少動物・絶滅危惧動物が、合計651種掲載(貝類462種/腹足類263種・二枚貝類199種)、
 節足動物138種、多毛類21種、その他の無脊椎動物30種。
・全種について、現在の分布と減少要因、絶滅危険性のランク、生態情報が示されており、さらに必要に

 応じて、類似種との区別のポイントが明快に解説されている。
・貝類については、2005年以降の最新の分類体系に基づく分類群別リストも掲載されており、

 旧体系から変更点も詳細に注記されている。最新の分類体系の概要を知る上でも役立つ。

 

【書 名】干潟の絶滅危惧動物図鑑-海岸ベントスのレッドデータブック

【編 者】日本ベントス学会
【体 裁】B5判 306頁(オール4色) 上製

【定 価】5040円(税込)

【発 行】東海大学出版会 http://www.press.tokai.ac.jp
【刊行日】2012年7月20日

【 ISBN 】978-4-486-01943-5

http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01943-5



ー日本ベントス学会10周年記念出版ー
「海洋ベントスの生態学」
日本ベントス学会編/和田恵次(責任編集)
東海大学出版会より、2003年11月に出版
日本ベントス学会編集による「海のベントス(底生動物)」のテキスト!
海のベントスを中心に据え、個体群生態、群集生態、社会行動、生物地理、沿岸環境保全といった内容について、国内外の最新情報と研究成果をまとめた。日本の研究者の執筆による最新ベントス学。総ページ数474, 価格5,800円(税別)

  [ 目 次 & 執筆者 ]

第1章 ベントスとはどういうものか    (菊池泰二、九州ルーテル学院大学教授)
第2章 個体群動態と生活史        (仲岡雅裕、千葉大学大学院自然科学研究科助教授)
第3章 社会関係             (和田恵次、奈良女子大学理学部教授)
第4章 種間関係             (土屋 誠、琉球大学理学部教授)
第5章 群集の構造と動態         (向井 宏、北海道大学理学部教授)
第6章 生態系と物質循環         (大森浩二、愛媛大学理学部助教授)
第7章 生物地理             (朝倉 彰、千葉県立中央博物館上席研究員)
第8章 ベントス生態学と水産のかかわり  (五嶋聖治、北海道大学大学院水産科学研究科助教授)
第9章 富栄養化による環境攪乱      (堤 裕昭、熊本県立大学環境共生学部教授)

書店にてお求めください。なお、出版社に直接注文することもできます。
               東海大学出版会:tel. 0463-79-3921, fax. 0463-69-5087
   
本文へジャンプ