日本ベントス学会 Japanese Association of Benthology
 東日本大震災に関する学会の対応について
東日本大震災に関する学会の対応について

日本ベントス学会では、東日本大震災に関連する学会への調査・支援要請に対応する体制を作ることを2011年度第1回運営委員会で決定し、風呂田利夫会員(東邦大学理学部)と大越健嗣委員(東邦大学理学部)が窓口となって活動を進めています。
2012年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会において、10月6日(土)に企画集会「海洋の放射能汚染問題の基礎を学ぶ」(仮題)、10月8日(祝)に2012年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会公開シンポジウム「プランクトンとベントス―3.11大地震と放射性物質の影響」の開催を予定しています。詳しくは学会合同大会ホームページ(https://sites.google.com/site/pb2012tokyo/)をご覧ください。

連絡先 
風呂田利夫(東邦大学理学部生命圏環境科学科)furota@env.sci.toho-u.ac.jp
大越健嗣(東邦大学理学部生命圏環境科学科)kenji.okoshi@env.sci.toho-u.ac.jp
   
本文へジャンプ